· 

気持ちに迷いはなく・・・

20日21:10pm屋外の気温はマイナス6℃を示している。このところ、毎朝7時頃に気温をチェックしているが、連日氷点下5℃以下だ。昨日はマイナス9℃で、もっとも寒い時期と変わらない冷え方だった。

 

そんな厳寒の中で12月のコスモス村研修を実施した。いつものように、感染リスクを避けてキャンセルする方たちがあったものの、3人の参加があった。covid-19のことはとても気を遣うが、参加する意志がある人がいる限りは実施すると自分なりに腹をくくっているので、気持ちには迷いはなく研修に臨んだ。

 

適当な距離をとりつつも、人数が少ない分お互いの交流は活発にできて、いろんなことを話題にしつつ3日間はあっという間に過ぎた。

 

最近は星空観測が定番になっているが、今回は寒さが厳しかったせいか夜空が澄んでいて、いろんな星がクリアに見えた。先月奇妙な飛行物体を見たという話をしていたので、僕も含めてみんなでそれらしき物を探したが、今回は流れ星ひとつ見ることがなかった。

 

今年は新型コロナに翻弄された一年だった。いつまでこの息詰まるような状況が続くのか分からないが、こんな条件下にあっても生活の質の低下を招かないように、あれこれ頭と身体を働かせながら暮らしていかなくてはと思う。