· 

日本スクールソーシャルワーク協会20周年記念講演

スクールソーシャルワーカーを名乗って導入のために活動を続けていた僕に、日本ではスクールソーシャルワークの導入は無理だから諦めたほうがいいと忠告してくださったお偉い人たちがいた。だがそうではなかったことは,事実が示している。ただし、活動の質はどうかと問われると、まだ胸を張れる状態にまでは至っていないと言える。20周年記念の集まりは、日本スクールソーシャルワーク協会が、愚直かつ頑迷にこだわり続けている子どもを中心とした考え方が共通基盤であることを再確認するための催しとなるはずだ。対談本が出たばかりの西野博之さんがゲストとして来てくださり、僕と対談することになっている。スクールソーシャルワークのあり方について大いに語ってもらうことになる。

(山下英三郎)