お知らせ

お知らせ · 2018/05/14
スクールソーシャルワーカーを名乗って導入のために活動を続けていた僕に、日本ではスクールソーシャルワークの導入は無理だから諦めたほうがいいと忠告してくださったお偉い人たちがいた。だがそうではなかったことは,事実が示している。ただし、活動の質はどうかと問われると、まだ胸を張れる状態にまでは至っていないと言える。20周年記念の集まりは、日本スクールソーシャルワーク協会が、愚直かつ頑迷にこだわり続けている子どもを中心とした考え方が共通基盤であることを再確認するための催しとなるはずだ。対談本が出たばかりの西野博之さんがゲストとして来てくださり、僕と対談することになっている。スクールソーシャルワークのあり方について大いに語ってもらうことになる。 (山下英三郎)

お知らせ · 2018/05/14
川崎の「たまりば」の西野博之さんとの対談本について紹介する。 こちらも、最終チェックの段階にあるときに妻が亡くなったので、作業が精神的にはしんどいと感じる時があった。そういった意味では、特別な一冊となった。 西やんは30年来の仲間であるが、たっぷり時間をとって語り合ったのは、今回の本作りが初めての機会だった。...

お知らせ · 2018/05/01
昨年から準備していたソーシャルワークと修復的対話の研修に焦点を絞ったNPO法人コスモス村のプログラムをやっと実行に移すところまでこぎ着けた。当初は、4月から態勢を整えてスタートする予定だったが、妻の死という思わぬできごとがあったため、開講が少し遅れることになった。...